カテゴリ: Lufthansa

_MG_8225
2014.12.18     LH715:HND→MUC/A340-642(D-AIHR)     RJTT:R/W34R↑

4発機最後の良心ルフトハンザも12月より羽田ミュンヘン線がA350に置換えられることになり、この美しい長胴4発機は日本の定期便からはまもなく見納めとなる
普段はデッキ前では浮かない715便だがこの日は海浜幕張までくっきりと見える超バリ晴れのなか、強烈な北風によってデッキ前で綺麗に浮かび上がった

_MG_5685
2017.03.10     LH717:HND→FRA/B747-830(D-ABYT/Retro Livery)  RJTT:R/W34R↑

かつてはJAL/ANAの国内線747がひっきりなしに離着陸していた羽田も定期便ではルフトハンザ、カンタス、タイの3往復だけになってしまった
このうち左頭でまともな離陸カットを撮れるのはルフトハンザのみ、しかし34Rから飛んでいく北風運用が多い冬スケではLH717便は羽田1520発となることからシーズンが極めて短い
安定して影が抜けるのは2月半ば しかし2月も終わりに近づく頃には一日バリ晴れとなる日も少なくなり気温も上昇、また花粉、PM2.5によって写真はメラメラ  また特に午後は南風運用も増えてしまう

今年の2月はとにかくレトロハンザが羽田へ来ず、唯一の飛来は横田基地がE-4Bで湧いた3日のみ 南風ながら北風運用が継続し京浜島ではギアが全く閉まらず撃沈だったとか

気づけば3月も10日  久々に羽田へレトロハンザが飛来していたが天気が不安定
昼過ぎから銀座線で田原町へ 最終日の01系を葬式後バスで京浜島へ向かうべく大森へ移動したが、駅を降りてみると空は真っ白けの超絶ゴミ天気 バス停での話し合いの結果雲の流れが速いこともありそのまま京浜島へ約30分バスに揺られて着いてみると北方面から急速に青空が展開

離陸30分ほど前には太陽方面にも背景にも雲一つなくなり、3月とは思えないレベルの空気の抜けのよさ  平日かつ微妙な予報だけに同業者もまばらで平和
ギアも余裕で閉まりながら低めのレトロハンザ過去最高と言われる上がりでV!

_MG_4971
2016.12.30 LH717:HND→FRA/B747-830 (D-ABYK) RJTT:R/W34R↑

リオ五輪特別塗装機Olympia Siegerflieger 去年の暮れにようやく撮影する機会を得たものの、羽田に降りて来たのは一般塗装機
あれ今日チャーター便なんかあるのかと思うもレジはD-ABYK  詳しそうなヲタクのツイを見るも知らなかったようで、リオ以外での初便に続き剥がされたあとの初便も羽田線となってしまったようだ
撮りたかったなぁ.....

_MG_5213
1/24 LH717:B747-430(D-ABVM) RJTT:R/W34R↑

通常748での運航が続いているLH716-717便ですが、24日は珍しく744でした
遅延で機体に影落ちちゃいましたが、京浜島や中防に比べりゃよかったかな

_MG_4340
11/7 LH715 A340-642/D-AIHK RJTT R/W34R↑


海外サッカーには詳しくないのですがこの日のLH715はバイエルンとかいうサッカーチームの記念塗装でした
天気も悪化してたしこれを撮らなければ東京テレポートも品川も接続良く始発の特快乗って帰れたので迷いましたが、羽田にあんま来ない気がするのでせっかくだし撮影

↑このページのトップヘ