カテゴリ: JR西日本

_MG_6917
2019.11.22  回6432M 105系SW010+SW012+SW006      和歌山線:田井ノ瀬~千旦

登場時以来なかった?105系6連 1回目は都合合わず2回目はパンダ先頭、3回目は休みかつ蓬莱先頭&オール戸袋窓有のV組成
晴れるか怪しい予報だったが4人集まり深夜の新東名を便乗して1ヶ月ぶりの関西へ
現着してみると晴れそうな感じかつ数少ない順光ポイントなのに誰もおらず拍子抜け 
一時間前ほどになると続々と電車博士が到着したが、いつもの顔ぶればかりでまるで常磐線や東武沿線のような様相。笑。
小学生並の知能レベルの会話に関西鉄もドン引きだったに違いない


_MG_3878
2019.06.25 424T 105系日根野車4B(SW008+SW004)   和歌山線:大和新庄~高田

103系1000番代が消えて15年が経つが国鉄時代に105系化して西へ転出した車両もいよいよこの秋で終焉を迎える
単色化により常磐線ふうな塗装となりかつてのマト21を彷彿とさせる非パンダ、オールAU75、戸袋窓有の4連をいつかは撮ってみたかったが、
運用はいいところで流れない上に、盆地特有の当てにならない天気予報と幾度となく聞く撃沈報告
更に424Tは朝が早すぎて夜行バスでは間に合わないといった事情もあり二の足を踏んでいた

しかしいよいよ終焉まで3ヶ月 梅雨が開ける頃には面がなくなることから重い腰を上げて深夜の新東名を便乗で下った
現地に着いてみると稜線くっきり、構図内雲立ち入りなしと最高条件で待つこと一時間ほど、令和の通勤電車最難関単位の一発履修に成功した

_MG_0137
2018.08 試9557M 201系森ノ宮車8B(LB3)    湖西線:北小松~近江高島

いよいよ大阪環状線から撤退し関西でも消滅となる橙色の201系  昨夏に湖西線で行われた走行抵抗電力測定試運転が最後の撮影となりました
最初この話を聞いたときは蓬莱志賀ド定番で一発撮れればいいかな思っていたら既に過去の撮影地 あれこれ調べて鵜川の俯瞰に挑戦
謎のペアルック鉄による脱輪テロで道が封鎖される前に入山したが行ったことのない俯瞰かつ電波のろくに通じない道で不安になる
そろそろ下界へ戻るタイムオーバーとなるころようやくアングルにたどり着いた

_MG_4458
2012.03.07   100系K54編成こだま766号  100系K55編成こだま827号   山陽新幹線:新下関 

2012年3月改正で引退した新幹線100系電車  末期も末期、改正一週間前になって重い腰を上げて新下関まで葬式しに行った
狙いはこだま766号とこだま827号の並びで、パニックを警戒し二時間近く前からホーム入りしたが結局ヲタクは3人しか現れず拍子抜け

_MG_0430
2014.03  201系森ノ宮車8B(LB8)   大阪環状線:福島

ここ数年行くこともなくなってしまった福島駅先  
晴れた春休みや夏休み、とくに示し合わさなくても誰かしらに会うことが多かったですがそれもまた遠い記憶になっていきます.....  

↑このページのトップヘ