カテゴリ: 常磐緩行・千代田・小田急線

_MG_4905
2018.12.06  B1370S  南北線9000系9101F    千代田線:北千住

新車投入とB修の進行で葬式ネタが終わらない東京メトロ 6000系特別運行終了後は東京メトロ最後のGTO-VVVF、ボックスシート設置車として残っていた南北線9101Fが緊急の葬式ネタとして課題になったが行けぬまま綾瀬入場日を迎えた
12月3日の42Sを最後に運用離脱し12月6日王子神谷~北綾瀬間で回送されている

_MG_6024
2018.12.27    A1188S 南北線9000系9101F    千代田線:新御茶ノ水

綾瀬では定期検査のみ施工され27日に出場試運転が行われた
ありがとうマト82HMのついでで撮れた10月のSR出場試運転は誰もいなかったが冬休み効果もあり激パ
もっと手前まで引きたかったがこの直後あえなくハイビームへと切り替わった

_MG_6712
2018.12.28  A1272S  南北線9000系9101F   有楽町線:月島

王子神谷に帰還した翌日28日には新木場CR入場のため回送された
試運転の漢字三文字は人を狂わせるのか前日と違って各所ほとんどヲタクはいなかったようだ

_MG_7045
2018.12.28  9101F、05-113F、7101Fほか   有楽町線:新木場車両基地

地下鉄線内で9101Fを撮っても側面帯の違いがわからないのではという陰湿電車博士の声があり、結果深夜の新木場へ
しかし三脚無しでは限界に近いクライクライなのだった

_MG_2303
2018.12.11  千代田線6000系6130号車船積み    東京木材埠頭にて

中防界隈は超望遠アングルが集まるのかゲートブリッジから約1.6キロ先 35ミリ換算1000ミリ以上の鬼望遠で東京木材埠頭の船積みを狙った
湾内とはいえ海上80メーター 強風に晒されながら待つこと数時間
千代田線6000系としては最後の海外譲渡として6130号車が日本の地を離れた

_MG_3797
2018.12.04 千代田線6000系6130F(上原方5両)    有楽町線:新木場車両基地

営団末期以降にB修繕を受けた身内用語でいうところのバカ窓6000系 形態が好みでないのでこれまで陸送や吊り上げは行ってなかったんですが、6000系インドネシア譲渡最終回となった6130Fは装飾付だったので重い腰を上げて行ってみました
業者が変わったせいか進行がいつもよりだいぶ遅く先頭車がトレーラーに積み込まれたのは日没後.....
陸送自体も以前より一時間ほど遅く終わり丸一日潰れてしまいました

_MG_1077
2018.11.16  試9533M 209系1000番代豊田車10B(トタ81)   中央本線:鳥沢~猿橋

今月一番楽しみにしていた元マト81編成の大月試運転 
11月後半に計4日も設定があるなら一日くらいバリ晴れる筈と楽観視していたが、設定日が近づくにつれ不安定な予報に困惑
安全策で初日は背景の空が白ばむ天気ながら一番撮りたかった鳥沢鉄橋を優先して撮影した
結果として最終日の設定はなくなってしまい計3日の設定のなかで試9533Mが晴れたのはこの日のみで、Twitterに上がった写真を見た限りでは走らなかった21日が不安定な天気ながら大月ホールが展開し鳥沢鉄橋は通過時バリ晴れだった模様

この日は知り合いばかりで平和な鳥沢鉄橋であったが、別日には先客に立ち位置を聞いたところ礼儀がなっていないと一蹴するやばい自治鉄が登場したらしい
自治の甲斐なくマンダーラのゴミ天気のなか試運転は通過していったとのこと

↑このページのトップヘ